紙は製紙会社で製造されて 卸商などの流通を通して印刷業者などの加工会社に販売されます。
流通の中で、各業者が在庫を持ちながら売買しますが、 紙は多品種なので仕入れたものが、すべて効率よく売れるとは限りません。
在庫があまって停留すると、使わずに処分することもあります。

 

 

紙は残ってしまうと、未開封やキレイな状態でも、産業廃棄物になってしまいます。

 

 

リサイクルは再生紙にするまでに、多くの工程がかかります。 さらに、エネルギーコストもかかります。
再生紙をつくるには、異物を除去し漂白をします。 さらに水を大量に使います。
まだ使える紙をリサイクルするという事は、まったく環境にやさしい行為ではありません。

 

 

本当に環境に"負荷"をかけない事とは、紙を「使わない」ことです。しかし、私たちは日ごろから、文化的な生活をおこなっています。
この生活のレベルを保持しながら、環境に"負荷"がかからない方法を選択していくことが大切です。

 

 

リクロスは、あまって捨てられてしまっている"キレイ"な紙を 市場にもう一度流通させます。
紙を最後まで使い切る仕組みを作ります。 そして、環境負担を少しでも減らす取り組みを行っていきます。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

リクロスとは

サービス

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

【紙を買いたい人】

購入可能な紙の一覧

限定商品

シール原紙

 

 

【ログインなど】

ログイン

会員登録

 

 

【古物商許可証】

東京都公安委員会
第301051507224号
株式会社ReCross

フェイスブック  

 

株式会社リクロス

〒104‐0031
東京都中央区京橋1丁目17番2号
昭美京橋ビル2階
03-6326-8239